top of page
  • 山中敏正

蓋掛けによる転落防止対策

 こちらは桶川市川田谷地内の市道で、側溝の蓋掛けによる転落防止対策を行ったものです。

今回蓋を設置した近くには、グループホームが2022年10月に開設され、入所されている方が施設の周辺を散歩するとの事でした。

散歩をする時には、介護職員が付き添っているのですが、車両のすれ違いの祭に足を踏み外し側溝に転落してケガをする危険性がありました。

 担当課に相談したところ、転落事故を防止する為に蓋掛けの対応を行っていただいた事で、歩行空間が確保され安全に通行することが出来るようになりました。



Comments


bottom of page