• 山中敏正

水路浚渫(土砂の撤去)

 こちらは、柏原樋管に流れ込む排水路で、上流域においては水路整備されていますが、浚渫した下流域は未整備であり水路敷が上流より高いため、上流域においては常に水が溜まった状態で、堆積した土砂の上には草も生えて水の流れを阻害していました。

水路を浚渫したことで、断面を確保し排水能力の向上と悪臭など生活環境の確保が図られました。